「いかしあうつながり」手仕事が紡ぐバイロンベイのあたたかい暮らし

「いかしあうつながり」手仕事が紡ぐバイロンベイのあたたかい暮らし

2021年、あけました。 大晦日は、引っ越しの疲れもあって、家で年越し蕎麦食べて大人しく就寝。2020年を総括したような締めくくりだった。何もせず、ただ静かに、ゆっくり過ごした。風邪も引かず、健康に恵まれた一年に感謝して。 2020年は多くの人がコロナに振り回され、いまもなお、事態が収束していない国もたくさんあるけど、どうか今年は希望に満ち溢れ、実り多き、豊かな一年になりますように。 元旦は、気合入れて早起きしたものの初日の出は逃し、ビーチへサーフチェック。...
コミュニティの危機?!バイロンベイの不動産クライシスと9度目の引っ越し

コミュニティの危機?!バイロンベイの不動産クライシスと9度目の引っ越し

コロナで人々の意識も、暮らしも、働き方もガラッと変わった。 特に都市部では、オフィスに通勤してオフィスで働くということが、もはや当たり前ではなくなってしまったいま、人は、より良いクオリティオブライフを求めて都市からの脱出を模索してしている。 かねてからホリデー地として圧倒的な人気を誇るバイロンベイもご多分にもれず、そのナチュラルでスローなライフスタイルに魅了されて世界中から移住してくる人が後を絶たない。かく言う私も、そんな一人だが。...
バイロンベイのサーファーズハウスも掲載、SURF SHACKS VOL.2 発売!

バイロンベイのサーファーズハウスも掲載、SURF SHACKS VOL.2 発売!

世界のサーファーたちのお洒落なお家を取材、撮影した素敵な本、SURF SHACKSの2号目が発売となり、我が家にも届きましたー。 発行人のマットとの出会いは千葉にて森の家を取材してくれた2013年。 それから4年経って1冊の本が出来上がったのが2017年。バイロンベイで出版記念のブックローンチパーティーを企画したついでに、どうせならバイロンのサーファーズハウスも取材しようってことで、マットを連れて回った3軒の友人のおうちが今回の2冊目に掲載されました。        CELESTE’S SURFSHACK...
祝4周年!コミュニティラジオ Bay FM Japanese Show !あたたかい日本人コミュニティに支えられて。

祝4周年!コミュニティラジオ Bay FM Japanese Show !あたたかい日本人コミュニティに支えられて。

2016年9月に記念すべき第1回の放送から、早4年を迎えたバイロンベイジャパニーズラジオ! 継続は力なり、とはよく言ったもので、振り返ってみると、あっという間の4年だったけど 4年の間、実に46人のゲストに登場してもらいながら、 一緒にラジオ番組を育ててもらいました。 改めて、ラジオ局のスタッフ、スポンサー、出演してくれたゲストの皆様に感謝、感謝です。 初放送、二人ともなんだか初々しい、笑。 最近ではコロナでいろんなことが見直される中、2月の放送以来、4周年を祝して7ヶ月にスタジオ生放送復帰!...
待つこと8ヶ月、手づくり味噌 ” HIRO-MISO ” 完成&販売開始!

待つこと8ヶ月、手づくり味噌 ” HIRO-MISO ” 完成&販売開始!

2016年より毎年こちらの冬に開催している、味噌作り&マクロビオティックワークショップ 日本では豊富な種類の美味しい味噌が比較的安く、当たり前のように手に入る、お味噌。 オーストラリアでは、そうはいきません。 高いし、種類も少ない。 ならば、自分で作ろうと。そして、それをおすそ分けしようと。 味噌作りは日本にいる頃から毎冬やっていたので、材料さえ手に入ればできる。 昨年2019年は2回主催し、味噌作りの美味しさ、楽しさをまたシェアできました。 そして、8ヶ月の発酵、熟成期間を経て、ついに完成。...
コロナウィルスによって変わる世界。

コロナウィルスによって変わる世界。

世界で猛威を振るう、新型コロナウィルス。 オーストラリア全土で一番感染者数の多いニューサウスウェールズ州もステージ3のロックダウンに 3月23日から入った。 オーストラリア政府は、イタリアやスペインの二の舞にならないよう、 テストを積極的に実施し、先進国の中では一番の実施率だそう。 4月5日午前6時の情報は下記の通り。州ごとの感染者数です。 下のグラフは年齢ごとの感染者数。20代が多いのが特徴的。 時系列で見る感染者数増加傾向。棒グラフが新規ケース、折れ線が積算感染者数。  ...