About us

子どもの頃に乗ったブランコ。

空にむかって気持ちのいい風を頬にうけて、どこまでも高く、遠くに行ける気がした。

大人になってもブランコに乗ったあの時の心地よい、自由な感覚を忘れずにいたい。

旅をすると、日常の喧騒から逃れて新しい価値観に出会い、

型にはまっていた自分の殻を破って、新しい自分に出会うきっかけになる。

そんな想いから、Blanco という小さな会社をオーストラリア最東端のまち、

バイロンベイでつくりました。

Hiromi

Hiromi

千葉県生まれ。上智大学文学部心理学科大学卒業後、外資系金融機関に5年間勤務の後、独立。インターネットメディアgreenz.jp起業、FMラジオJ-WAVE Lohas Sunday ナビゲーターを務め、サステナビリティをテーマに執筆、講演、企業のブランディングなどを多く手がけるうち、よりシンプルに自然とともに生きる本質的な豊かさの追求がテーマに。9年越しの夢を叶えるため、2015年Blanco を設立。サーフィンやヨガ、語学留学、自然体験を組み合わせたツアーの企画や手配、メディアへの執筆、通訳、現地コーディネートなどを手がける。より詳しいプロフィールはこちら

Nick

Nick

ニューサウスウェールズ州ニューカッスル出身。父親の影響で幼少の頃よりサーフィンをはじめ、オーストラリアサーフィントレーニングの最高峰として名高いハイパフォーマンスセンターの第1期奨学生としてコーチングを受け、10代の頃からサーフィンのコンテストASP WQS を中心に世界を転戦。高知、白馬、千葉などに合計2年間滞在。日本人プロサーファーとの親交もあつく、日本とオーストラリアをつなぎ、お互いのサーフカルチャーやローカルのライフスタイルをシェアすることをビジョンにBlanco 設立。より詳しいプロフィールはこちら

What we do

Adventure

暮らすように旅する

バイロンベイのゆったりとした空気感とライフスタイルに身を任せ、大自然を存分に味わっていただくために、サーフィン、ヨガ、森や滝へのハイキングなどの各種アウトドアアドベンチャーの手配のほか、地域のコミュニティを訪ねたり、実は教えたくないとっておきの場所や、地元で人気のグルメスポットなどへご案内する旅をコーディネートしています。

Catering

食べることは生きること。生きることは食べること。

マクロビオティックの理念をベースに、バイロンベイの肥沃な土壌で採れた旬の野菜と地域の食材を組み合わせた日本食のクッキングクラス、イベントやパーティーへのケータリング、味噌作りのワークショップなどを開催しています。

Creative Management

カルチャーの架け橋に。

バイロンベイのローカルビジネスやコミュニティとのリレーションシップづくりをサポートします。ブランドや商品の広報宣伝、取材対応、ロケハン、メディアコーディネート、通訳、イベントやワークショップの企画などを行っています。

Blog

コロナウィルスによって変わった世界。

世界で猛威を振るう、新型コロナウィルス。 オーストラリア全土で一番感染者数の多いニューサウスウェールズ州もステージ3のロックダウンに 3月23日から入った。 必要不可欠なサービス、ビジネス、お店以外の営業停止(無期限)に加え、 対人間距離(ソーシャルディスタンス)を1.5メートル以上あけなければならないと法令違反となり、 おまけに、最初は10人以上の集まりは禁止とされていたものが、ついには2人以上(家族以外)の 集まりは禁止となった。 食料品・生活用品の買い出し、制限内の外で運動、医療看護、学校や仕事など以外の...

続きを読む

土をつくり、種を植えよう。ガーデンフードワークショップに参加@THE CORNER PALM

最近インダストリアルエリアからバイロンベイの街に近い場所に 移動したコーワーキングスペース、THE CORNER PALMは、 ナットとダンの若いカップルが立ち上げたクリエイティブスペース。 会員になれば1日単位でデスクが借りられたりできて、 バイロンベイのフリーランス、クリエイターが働き、集い、 情報交換する場所としても人気です。 そんなオープンスペースでは、定期的にイベントや ワークショップを開催していて、私も以前、カルチュラルクリエイティブのトークイベントに参加したり、常に面白いことを発信しています。...

続きを読む

イルカとサーフィン!!!!感動、奇跡の瞬間。

バイロンベイでは、サーフィンしていてイルカに遭遇する確率は、50%以上。 ラッキーだと、超身近に見れます。 でも、この日は、格別。イルカが至る所でジャンプして、じゃれあっていて、 ボードの真下を泳いだり、目の前を飛び跳ねたり、もう興奮の連続。 そして、奇跡的にカメラマンが捉えた映像がこれ。 一番最初の動画で映っているのは、パートナーの彼。 両手を挙げて発狂していたそう(笑) 隣は、残念ながら、私じゃないんだけど、。。 まさに奇跡、感動の瞬間でした。 意外とイルカって大きくて、間近で跳ねると、けっこうビビります。...

続きを読む

Instagram

Photography Credit- Carly Brown, Chrystal Dawn