5年目の味噌づくり。

5年目の味噌づくり。

今年も無事に主催できました、味噌づくりワークショップ! コロナロックダウン中は、2人以上の集まりは禁止とされ、感染者数の減少に伴い、10人以下までならOK、そして7月には20人以下までならOK(ソーシャルディスタンスのうえ)、と段々規制が緩まったおかげで、なんとか開催の運びに。 例年なら誰でもウェルカム!なんですが、事情が事情なだけに、全く知らない人が参加するのは、ちょっと気が引けたので、ローカルの友人限定、という形で行いました。...
待つこと8ヶ月、手づくり味噌 ” HIRO-MISO ” 完成&販売開始!

待つこと8ヶ月、手づくり味噌 ” HIRO-MISO ” 完成&販売開始!

2016年より毎年こちらの冬に開催している、味噌作り&マクロビオティックワークショップ 日本では豊富な種類の美味しい味噌が比較的安く、当たり前のように手に入る、お味噌。 オーストラリアでは、そうはいきません。 高いし、種類も少ない。 ならば、自分で作ろうと。そして、それをおすそ分けしようと。 味噌作りは日本にいる頃から毎冬やっていたので、材料さえ手に入ればできる。 昨年2019年は2回主催し、味噌作りの美味しさ、楽しさをまたシェアできました。 そして、8ヶ月の発酵、熟成期間を経て、ついに完成。...
コロナウィルスによって変わる世界。

コロナウィルスによって変わる世界。

世界で猛威を振るう、新型コロナウィルス。 オーストラリア全土で一番感染者数の多いニューサウスウェールズ州もステージ3のロックダウンに 3月23日から入った。 オーストラリア政府は、イタリアやスペインの二の舞にならないよう、 テストを積極的に実施し、先進国の中では一番の実施率だそう。 4月5日午前6時の情報は下記の通り。州ごとの感染者数です。 下のグラフは年齢ごとの感染者数。20代が多いのが特徴的。 時系列で見る感染者数増加傾向。棒グラフが新規ケース、折れ線が積算感染者数。  ...
土をつくり、種を植えよう。ガーデンフードワークショップに参加@THE CORNER PALM

土をつくり、種を植えよう。ガーデンフードワークショップに参加@THE CORNER PALM

最近インダストリアルエリアからバイロンベイの街に近い場所に 移動したコーワーキングスペース、THE CORNER PALMは、 ナットとダンの若いカップルが立ち上げたクリエイティブスペース。 会員になれば1日単位でデスクが借りられたりできて、 バイロンベイのフリーランス、クリエイターが働き、集い、 情報交換する場所としても人気です。 そんなオープンスペースでは、定期的にイベントや ワークショップを開催していて、私も以前、カルチュラルクリエイティブのトークイベントに参加したり、常に面白いことを発信しています。...
たい焼き屋、はじめました。BYRON BAY TAIYAKI 初出店!

たい焼き屋、はじめました。BYRON BAY TAIYAKI 初出店!

今年8月に、実に4年ぶりに日本に帰りました。 あっという間の4年。 帰りたいと思ったことは一度もなかったけど、日本が恋しくなり始めていたのも あったし親にも顔を見せつつ、ずっと日本に行きたかったという彼を連れて帰る いい機会だと思って、1ヶ月帰省してきました。 久々のニッポン、最高。 ご飯はなんでも美味しいし、おもてなし精神は別格だし、 温泉もあるし、時間通りにきっちりなんでも事が進むし。 旅の様子はまたご報告するとして(まあ、話が前後しますが)、 日本に行く前から、 「日本でいいアイディアを見つけてオーストラリアで商売しよう!」...
バイロンベイのオススメご飯スポットVOL2.

バイロンベイのオススメご飯スポットVOL2.

最近、日本人の観光客を以前よりも頻繁に見かけるようになったし、 日本からくる友達やゲストによく聞かれるので、 だいぶ前に書いたオススメカフェの記事をいま一度アップデートしようかなと思います。 ゲストが来ると美味しいご飯どころへご案内するのも楽しみのひとつですが、 こちらの記事でも書いた通り、 バイロンベイのローカルフードは日々進化中! 毎週木曜日のファーマーズマーケットにいけば、旬のローカルの食材が 色とりどりあるし、ライブミュージックもあって、朝ごはんもちゃんと食べられるから...