イルカとサーフィン!!!!感動、奇跡の瞬間。

イルカとサーフィン!!!!感動、奇跡の瞬間。

バイロンベイでは、サーフィンしていてイルカに遭遇する確率は、50%以上。 ラッキーだと、超身近に見れます。 でも、この日は、格別。イルカが至る所でジャンプして、じゃれあっていて、 ボードの真下を泳いだり、目の前を飛び跳ねたり、もう興奮の連続。 そして、奇跡的にカメラマンが捉えた映像がこれ。 一番最初の動画で映っているのは、パートナーの彼。 両手を挙げて発狂していたそう(笑) 隣は、残念ながら、私じゃないんだけど、。。 まさに奇跡、感動の瞬間でした。 意外とイルカって大きくて、間近で跳ねると、けっこうビビります。...
【メディア掲載】雑誌 anna magazine “Back to Beach ” バイロンベイ、ヌーサ特集!

【メディア掲載】雑誌 anna magazine “Back to Beach ” バイロンベイ、ヌーサ特集!

雑誌NALUのエディターでもあり、日頃からお世話になっている あけみさんからのお誘いで、今回、女性のライフスタイル&ファッション マガジン、anna magazine11号”Back to Beach ” の オーストラリアトリップ、バイロンベイとヌーサの特集の取材を コーディネートさせていただきました。 カメラマンは、いつも一緒に楽しい撮影時間を創出してくれる 海仲間のクリスタル。 合計38ページの特大ボリュームの内容は、本誌をお手にとって 頂くとして、その撮影裏側とクリスタルが撮り収めてくれた...
太古の森へ。天然スパでリフレッシュ!

太古の森へ。天然スパでリフレッシュ!

波のない日は、早起きしてちょっと遠出してバイロンの森の中へ。 バイロンから車で30分も走れば行くことのできるこの 世界遺産登録された広大な地域には、50もの国立公園が広がり 世界最大の亜熱帯雨林の他に、温帯雨林や冷温帯雨林も含まれています。 朝食をDOMA CAFEで頂いてから、ミニヨンフォールズがあるナイトキャップショナルパークの さらに奥に進むとある、太古の森の中をハイキングし、 天然スパで泳ぎ、癒され、リフレッシュしてきました。 スリランカトリップのメンバー、アクティブガールズたちと...
2018年、喜びを胸に、自由への脱出の年。

2018年、喜びを胸に、自由への脱出の年。

2018年があけて、しばらく時間が経ってしまったけど あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。 年末は、新しくオープンしたばかりのカフェByron General Store での仕事に追われ、 猛烈に忙しく、大晦日31日まで働いていました。。 おかげで年越しカウントダウンまでもたず、12時前に就寝、 初日の出もおがめず、のんびり寝正月となってしまいました。 高校生以来の前髪もつくりました〜。 真夏の正月はいまだ慣れず、日本の厳かな正月、御節や初詣などのしきたりが...
インド洋の真珠、魅惑のスリランカへガールズサーフトリップ!

インド洋の真珠、魅惑のスリランカへガールズサーフトリップ!

長いようであっという間だった1年間の調理師コースを無事終えて、久々の長期ホリデー。 去年の宮崎以来、1年ぶりのサーフトリップに行ってきました。 行き先は、インド洋の真珠と言われる魅惑のスリランカ。 アジアの混沌とした街並みに仏教、イスラム、ヒンズーなどさまざまな宗教、カルチャーが入り混じり、 いまガールズサーファーの間で注目されつつある常夏の国へ。 旅はどこにいくか、ってことも大事だけど、誰と何をするか、ってことが旅をよりよいものに してくれる気がします。 今回は、約10年ぶりのアジア!...
真冬のハイキング。ミニヨンフォールズへ

真冬のハイキング。ミニヨンフォールズへ

南半球に位置するオーストラリアは日本とは季節が逆。 7月のいまは真冬にあたりますが、バイロンベイは温暖な気候に恵まれ、真冬でも最低気温は 10度を下回ることはあまりなく、日中の最高気温は20度前後で 日本の長い寒い冬に比べると、ぜんぜん暖かい!! 空気もからっと乾燥し、ちょっと運動すると汗ばむぐらい、日本の秋のような気候で キャンプやアウトドアアクティビティにぴったり。 先日、バイロンベイの街中から車で45分のミニヨンフォールズ(滝)へハイキングに 行ってきました。...