コミュニティラジオByron Bay FM 4月24日放送:ゲスト 西洋占星術講師 岩崎ゆうこさん

コミュニティラジオByron Bay FM 4月24日放送:ゲスト 西洋占星術講師 岩崎ゆうこさん

今月のゲストは、レノックスヘッド在住の西洋占星術コンサルタントの 岩崎ゆうこさんをお迎えして、バイロンベイにたどり着いた経緯、 西洋占星術と出会い、それをライフワークとしている 現在のライフスタイルについてたっぷりお話し伺いました。 ラジオの様子は、こちらからお聴きいただけます。 ゆうこさんの占星術、私も昨年9月に鑑定を受け、 自分の生きる意味、目的、使命みたいなものを 改めて認識、意識することができ、 とても深い経験ができたことを覚えています。 日本にも年1回は出張されて、セミナーやワークショップなどを...
食べることは平和への一歩。FUKUSHIMAとピースフード

食べることは平和への一歩。FUKUSHIMAとピースフード

日本が誇る和食は、ユネスコ無形文化遺産に登録されたぐらい 世界中から注目を集めています。   日本列島は南北に長く、四季が明確な日本には多様で豊かな自然があり、 そこで生まれた食文化もまた、これに寄り添うように育まれてきました。 このように「自然を尊ぶ」という日本人の気質に基づいた「食」に関する 「習わし」を「和食;日本人の伝統的な食文化」と題して、 ユネスコ無形文化遺産に登録され、その 「和食」の4つの特徴として (以下、農林水産省のHPより) (1)多様で新鮮な食材とその持ち味の尊重...
小さな暮らしは無駄のない豊かな暮らし。タイニーハウスとヘンプのおうち。

小さな暮らしは無駄のない豊かな暮らし。タイニーハウスとヘンプのおうち。

エコやロハス(いまではだいぶ死語?になってしまった) グリーン、サステイナブル、オーガニック、食育。 こういったキーワードも日本ではだいぶ市民権を得て、人々の環境意識も高まり、 単なる流行りではなくて暮らしの一部として定着しつつある中(と願いたい) 「パーマカルチャー」の創始者、ビル・モリソンが亡くなった という知らせにはたくさんの人が悲しんだのではないでしょうか。 「パーマカルチャー」とは、エコロジカルデザイン・環境デザイン分野の用語であり、 自然のエコシステムを参考にし、持続可能な建築や自己維持型の農業システムを取り入れ、...
味噌作りとおにぎりワークショップ開催

味噌作りとおにぎりワークショップ開催

手前味噌とはよくいったもので、 自分でつくって熟成させて 年々、どんどん発酵しつづける味噌は、やっぱりとっても美味しい。 前回味噌を仕込んだのは、日本で2012年1月だから3年半前。 この時は、7キロ仕込み、ちびちび大事にいただき、 何がなんでもこれだけは!と思ってオーストラリアにも 持ち込んでからも大事に大事に食べて、 ついにこんなに少なくなってしまった。 3年半経ってもまだ美味しく、より濃厚になって食べられるという発酵の素晴らしさ。   こちらでもなんとか自分で作りたいと思い、ゴールドコーストにて...
バイロンベイで起業!「暮らすように旅する」Blanco 設立しました。

バイロンベイで起業!「暮らすように旅する」Blanco 設立しました。

やっと、やっと、できました。 私がオーストラリアを訪れて以来、9年間、ずっと想い描いてきた ライススタイルとライフワークをカタチにすべくバイロンベイにて、 5年来のソウルメイト、ニックと共同でBLANCOというビジネスを立ち上げました。 まずは、ウェブサイトを見ていただけたら、ちょっと その世界観が伝わるかなと思います。 BLANCO LIVING まだまだ荒削りですけど。 日本人の私と、オージーのニックがお互いの国とカルチャー、自然、暮らしを つなぐ架け橋になりたくて、BLANCOのロゴと色味は、日本の伝統的で自然に寄り添った...
【メディア掲載】雑誌CANVAS VOL3 :パプアサーフトリップとバイロンベイ特集担当しました!

【メディア掲載】雑誌CANVAS VOL3 :パプアサーフトリップとバイロンベイ特集担当しました!

日本の素敵な雑誌、CANVAS VOL3の特集ページに バイロンベイとパプアニューギニアのサーフトリップの様子も書かせていただきました!! 編集長の宮原ゆきちゃんとは、 創刊号のときに、 千葉の森の我が家を取材してもらって以来のお付き合いで、 今回の雑誌のテーマにぴったりということで、 バイロンベイの暮らしについて紹介しています。 CANVAS VOL 3のテーマは、 つながり UNITE – ぼくたちはもっと、つながれる。 ”仲間や家族と手の届く距離感で繋がり、一体感を味わいたい...